むし歯・歯周病治療

tel_sp.png
お問い合わせはこちら

患者様の言葉に親身に耳を傾け、
総合的に判断して最適な治療をご提案しています。

当院のむし歯治療

口の中で長期間安定できる治療法を第一選択肢としてご提案し、確実で安全な治療を精密に行っています。

痛みへの配慮やできるだけ削らない、神経をできるだけ抜かない治療は当然ですが、安全で安心と言える治療を確実に行うことを第一に考えます。

当院の歯周病治療

日本人が歯を失う原因では、歯周病(歯槽膿漏)がトップになっています。また、成人の80%が歯周病にかかっているといわれており、初期段階では自覚症状が出にくいため、20代や30代でかかっているケースも多いのです。

治療は歯石の徹底的な除去です。
歯周病は生活習慣病ですからケアが足りないと再発し、進行してしまいます。そのため、厳格なプラークコントロールと定期的な検査による早期発見、予防が重要になってきます。

歯科検診/デンタルドック

口内のトラブルを早く見つけて早期に治療を行なえば、治療にかかる時間や費用を大幅に減らすことができます。歯や歯ぐきに蓄積されるダメージ量も少なくなるため、口内の健康を末永く保つことにも大きく役立ち、歯を失う将来的なリスクを減らすことができます。

口内の状況は、ライフスタイルの変化などにより大きく変わります。
定期的に歯科検診(デンタルドック)を受けて、口内の健康を保ちましょう。

クリーニング

口の中を清潔にしてむし歯や歯周病を予防し、正しく噛んで飲み込むことは口腔内の細菌を減少させます。ただし正しいブラッシングでも取りきれない汚れがどうしても歯と歯の間などに残ってしまうので注意が必要です。

歯科クリニックでは専門の器具を使って安全に、こうした汚れまで徹底的に取り除けます。定期的にクリーニングを受けることで、汚れの付きやすいところやむし歯になりやすいところを把握できますし、歯周病の予防や早期発見にも役立ちます。

全身疾患のリスクを減らすプラークコントロール

お口は内臓の入口であり、健康の入口であると言われています。口腔内の正しいメインテナンスにより、むし歯や歯周病予防だけでなく、様々な全身疾患を予防できるのです。

プラークは細菌のかたまりであり、内毒素や分解酵素を吐き出します。こうしたものが血液に乗って全身を巡って、心臓疾患、動脈硬化、肺炎、腎炎、低体重出産、早産、関節炎、骨粗鬆症などの問題を引き起こすきっかけになることがわかってきています。

特に高齢者の死因として上位となっている誤嚥性肺炎では、口腔ケアの重要性が注目されています。定期的なクリーニングでプラークを極力減らして全身の病気予防に役立てましょう!

噛むことでアンチエイジングや脳の老化防止へ

食事の時には、噛む運動を行なう筋肉「咀嚼筋」が働いており、食物の硬さや味をはじめとする様々なデータを咀嚼筋が脳に送っています。

咀嚼筋が働くことで「筋肉が動いて外見的なアンチエイジング効果」があるだけでなく、脳がデータを受け取ることで「脳の老化防止」「物忘れ防止」が期待できます。また正しく噛んで飲み込むことは口腔内の細菌を減少させ、正常な消化を促しますので、免疫力の向上にもつながります。

口臭について

むし歯や歯周病では、口臭も強くなります。

口臭の指摘というのはなかなかしづらいのが現状ですが、当クリニックではご本人のことを思えばきっちりと今のお口の中の状態をお伝えするべきだと考え、口臭についてもお伝えすることにしています。

口臭は『揮発性硫黄化合物』が原因になっています。臭いの成分は20種類ほどあると言われ、患者様ごとに細菌が組み合わさって臭いを発しています。まずはお口の中を見せていただいて、原因をつきとめるところからスタートし、口腔内を清潔にしていくことで、口臭を改善していきます。

卒煙サポート

喫煙は全身疾患の源であり、歯周病罹患率だけに限っても
喫煙者や受動喫煙は非喫煙者の2~9倍にもなっています。

喫煙することで唾液中のカルシウム濃度が上昇するため、プラークが歯石に変わりやすく、むし歯や歯周病になりやすい口内環境になってしまいます。また、ニコチンや一酸化炭素は血流を悪化させ、免疫力を低下させるため、有害物質がたまりやすくなり、病気にかかりやすくなりますし、治療後も治癒しにくくなってしまいます。

自分と大切な人の健康を守る卒煙

喫煙は歯周病になるリスクが非常に高くなります。
そのため当クリニックでは、院長である私や衛生士が『卒煙』をおすすめしています。

歯周病になるリスクが高くなるだけでなく、歯を失う可能性も通常より高くなります。本数が増えれば、歯周病は悪化の一途を辿ります。歯肉に酸素や栄養を運ぶ大切な役割を持つ『血管』は、タバコのニコチンによって収縮してしまいます。また、歯肉の修復には欠かせない『線維芽細胞(せんいがさいぼう)』の働きも抑えられてしまいます。その結果、歯と歯肉の間に存在する溝内の酸素が足りなくなって、酸素を嫌う歯周病菌が繁殖しやすくなります。

ヤニで歯が汚れるだけでなく、メラニンが落ちずに歯肉が黒っぽくなり、線維性の硬い歯肉になってしまいます。また、舌の表面の細かい突起部分にある細菌の塊にヤニが付着するとで、口臭を放つようになりますし、味覚も鈍くなってしまいます。味覚が鈍ることで塩分をより好むようになり、高血圧などにつながりやすくなります。

タバコをやめて、正しくプラークコントロールを行えば、歯周病の状態は格段に良くなります。タバコを吸うメリットよりも、吸わないメリットの方がはるかに勝りますし、喫煙者のみならず、受動喫煙でも歯周病の危険性に晒されることになります。

口腔内の健康のために、そして大事な人を守るために、当クリニックでは卒煙をサポートしています。

今すぐネット予約
クリニックブログドクターズファイル石井歯科医院
TEL:045-651-6480 お問い合わせはこちら